食肉「白金豚」中の放射性物質検査、安全確認について

 当社では東日本大震災による、東京電力福島第一原発の事故を受けて、食肉中(無作為抽出サンプル)の放射性物質を検査の上、安全を確認しております。。その結果をこちらにアップロードいたします。当社のお客様はどうぞご自由にプリントアウトしてご利用くださいませ
 なお、報道や研究への利用を制限しております。必ず当方までお電話かファクスでご相談くださいませ。
(本件については、慎重を期すためメールでのご相談をお断りします)

「安全宣言」そして今後の方針について

 当社をはじめ、豚は原則として豚舎内で飼育されます。またそのエサには輸入穀物を飼料工場で加工した配合飼料を給与しております。従いまして、今回の原発事故に起因するとされる食品の放射能汚染については、因果関係がありません。
 よって、今回のサンプル検査をもって、当社の「安全宣言」とします。なお、新たな展開がみられるまで、定期検査の予定はございません。消費者の皆様の御理解をお願いいたします。


ご容赦くださいませ

 この頁は、自社製品について、原発事故・放射能汚染からの安全性を伝えるためのものです。ご覧になられた方の居住地や生活圏・商圏によっては、御不快な思いをされる場合があるかもしれません。どうかご容赦いただきたく、よろしくお願いします。




・岩手県花巻市は、県の中央部やや北に在します。

・当方の検査結果の公開が、東日本の食品全般にかかる不安を払拭する一助になれば幸いです。

 

大きな地図で見る    

放射性物質検査結果
last update:2012年05月18日
NEW!
2014年06月05日、白金豚の食肉検査の結果「検出せず」(検出限界1bq/kg未満)

2012年
2012年11月08日、白金豚の食肉検査の結果「検出せず」(検出限界5bq/kg未満)
・2012年05月18日、花巻市にて検査の結果NDを確認。測定下限値16bq/kg
・2012年05月10日、白金豚の食肉検査書(PDF)、NDを確認。測定下限値5bq/kg
・2012年03月26日、花巻市にて検査の結果NDを確認。検出限界16bq/kg

2011年
2011年11月、白金豚の食肉検査書(PDF)、NDを確認、検出限界10bq/kg


2011年07月、白金豚の食肉検査書(PDF)、NDを確認、検出限界10bq/kg

2011年07月、白金豚の飲用水検査(PDF)、NDを確認、検出限界10bq/kg

2011年07月、養豚場周辺土壌検査(PDF)
検査機関:
岩手県医薬品衛生検査センター
(株)本庄分析センター
・花巻市
  
   
2011年7月27日(2011年7月26日検査)より記載開始

高源精麦株式会社(たかげん食販)
代表取締役 高橋誠
電話 0198−22−2811
FAX 0198−22−2600

<TOPへ>